バイアグラジェネリック服用で四肢が腫れてしまった?

バイアグラは日本で最初に勃起不全症の治療薬として厚生労働省の製造販売承認を受け、発売された医薬品です。
バイアグラジェネリックのクエン酸シルデナフィルも近年厚生労働省の製造販売承認を受けて販売されるようになり、消費者はより安価に手に入れることができるようになりました。
また海外ではバイアグラのジェネリックは沢山販売されているので、より安価に手に入れるための海外製品の個人輸入代行サービスもインターネット上で盛んに行われています。
そんなクエン酸シルデナフィルの服用により四肢が腫れるという報告があるのですが、これが薬による副作用であるのかどうか解説したいと思います。

この四肢の腫れはクエン酸シルデナフィルの作用により現れる可能性は十分にあります。
クエン酸シルデナフィルは血管に存在するホスホジエステラーゼ5の働きを阻害することにより、サイクリックGMP濃度を上昇させ、血管を拡張させ、血流量を増加させ、それにより勃起が起こりやすくなります。
しかし、この血管拡張作用は陰茎部にだけ選択的に働くわけではありません。
例えば末梢の動脈の血圧が下がると、血液が心臓まで戻りにくくなるため、四肢が腫れてしまうことがあります。
この副作用は他剤との併用により、起こりやすくなることがあるので、注意が必要です。
硝酸薬、HIVプロテアーゼ阻害薬、抗真菌薬の一部、などが禁忌となっています。
それ以外にも禁止はされていないがクエン酸シルデナフィルの効果を増強する薬もあるので、併用薬がある方は注意が必要となります。
また、浮腫以外にも頭痛、めまい、顔面紅潮、低血圧、鼻づまりなどの副作用が現れることがあります。
飲み合わせ、副作用の注意点は多い薬なので慎重に使用しましょう。

サイト内検索
最近の投稿
No image

バイアグラジェネリック服用で四肢が腫れてしまった?

2019年12月10日