薬にもグッドデザイン賞がある?!

嬉しく笑っているカップル

グッドデザイン賞とはデザインの優れた製品に対して送られる賞です。
工業製品の他にも雑誌や食品なども対象となるのですが、実は過去には薬でグッドデザイン賞を受賞したものもあります。
それはシップです。
シップは若い方からお年寄りまで幅広い年齢で使われるものですが背中などに貼る時には結構大変でなかなかうまく貼れないこともあるのです。
それが貼りやすいようにミシン目を入れたり角を丸くするなど工夫したことによって受賞したのです。
これにはかなり注目されています。
それではバイアグラの場合はどうなのでしょうか。
バイアグラは青い薬でデザイン的にはおしゃれです。また飲みやすいように角が丸くなっています。
グッドデザイン賞は製品を扱う会社が自主的に料金を支払い、応募する仕組みになっているのです。
バイアグラの製造メーカーは海外の企業ですのでもちろんこの賞には応募しておらずグッドデザイン賞を受賞することはないのですが、もしも応募していれば受賞する可能性は十分にあります。
元々この賞は製品の知名度を上げるために応募することが多いため、もうすでに知名度の高いバイアグラの会社が応募することはまあありません。
薬にとって大事なのは効き目でありデザインではないのですが、デザインが良ければ勃起不全薬というイメージがネガティブなものからポジティブなものとなるでしょう。
ちなみにバイアグラの薬のデザインは薬というよりもサプリメントに近いデザインになっています。もしもピルケースの中に入れていても傍から見てみれば健康のためにサプリメントを飲んでいるように思われるのでバイアグラを飲んでいることを知られたくない人にとっては魅力的な薬となります。

サイト内検索
最近の投稿
嬉しく笑っているカップル

薬にもグッドデザイン賞がある?!

2019年10月02日

心配している男性

2019年08月17日